アイフルの即日キャッシングの審査の仕組みとは

アイフルの即日審査


即日審査の仕組みは、貸金業者に対して適用される貸金業法という法律に存在します。

この法律の規定に従えば、少額の融資であれば簡単な審査であっても消費者に対してお金を貸すことが出来るシステムを作ることが出来るため、この法律が適用される業者ではこの法律に従ってサービスを提供しているのです。
アイフル 即日審査 実は、この貸金業法は銀行系のアイフルであっても関係なく適用されます。

本来、銀行そのもののサービスには貸金業法ではなく銀行法という別の法律が適用されるのですが、子会社であるアイフルにはこの銀行法が適用されないという特徴があるのです。

そのため、アイフルは銀行系の消費者金融とは名乗っていますが実質的には無担保型の消費者金融として営業をしなくてはいけないため、即日審査の仕組みも全てこの貸金業法に従うことになります。

貸金業法に従ったサービスでは必ず法律によって融資のリスクが排除される仕組みになっているため、難しい審査をしなくてもアイフルではお金を借りることが出来るのです。




アイフルの仮審査と本審査の違い、即日審査とは?

アイフルには、仮審査と本審査があります。仮審査では、年齢・雇用形態・年収・他社からの借入額を自分で入力して、コンピュータによる審査で1秒で結果がでるものです。

アイフル 仮審査
仮審査では、融資が可能かどうかが判断されます。

具体的な借入可能限度額や金利については、この段階ではわかりません。ここで嘘をついても後で調べられればバレますので、正直に申告することが大切です。

本審査では、年齢・雇用形態・年収・他社からの借入額に加えて、勤務先の情報・勤続年数・個人信用情報などから総合的に判断されます。

特に重要なのが個人信用情報で、5年以内にクレジットカードやローンの長期延滞があったり、自己破産などの債務整理をしている場合は審査に通ることがとても難しくなります。

アイフルの審査が即日審査といわれているのは、人間が行なう部分は最終チェックなどの重要部分だけにし、多くの部分はコンピュータが審査をするため、非常にスピーディーに結果が出せるからです。



アイフルの即日審査で掛る本審査と時間とは

有名な大手の消費者金融でもあるアイフルは即日審査を得意としていることから、すぐに融資を受けることができるので高い実績を持っていることから多くの利用者に愛されています。
アイフル 初めてアイフルを利用する人の多くは、その日のうちにお金を借りたいという人も多く、やはり気になるのが本審査の時間がどのくらいかかるのかということでしょう。

アイフルの本審査は最短で30分の回答となっており、融資までは最短で1時間とかなりスピーディーなのが特徴ですが、混雑時であったり、書類に不備や誤りがあった場合は多少審査も長引くことがあります。

店頭窓口や無人契約機からでも申し込むことは可能ですが、インターネット環境が整っているならパソコンや携帯、スマートフォンから簡単に申し込むことができます。

審査結果はメールか電話にて確認することができるので、申込後、最短30分以内に審査結果を知ることができます。

即日融資を受けたい場合は、ネットから申し込むと審査から借入れまでスムーズに進めることが可能です。


即日審査



▲ページトップに戻る