カードローンの審査におけるブラックとは

カードローン審査 ブラック


カードローンを利用しようとしても、審査でいわゆる「ブラック」とされる場合には大きく分けて二種類の原因が考えられます。

カードローン審査 ブラック
まずは「条件的ブラック」とでも呼べるもので、債務整理を行ったことがある場合です。


この情報は民間の信用機関に保存されていて、カードローンを利用しようとしてもその情報がある限り審査に通るのは難しいでしょう。


その情報は、短くて5年、長くて10年保存されています。

個人信用情報センター
 もうひとつは、「申し込みブラック」と呼ばれるもので、これは比較的短い期間にいくつものローン会社にキャッシングの申し込みをして断られた人のことです。カードローンやキャッシングなどを申し込んだ場合、金融会社は「個人信用情報センター」に照会して、必ず申込み履歴を確認します。この履歴は、申し込みをしただけで残ってしまうのです。




審査担当者は短期間のにあちこちでカードローンの申込みをして断られ続けている人は、回収不能になる可能性が高くて危険な借り手だ、判断されてしまいます。





申込ブラックの基準は各社異なりますが、およそ3社までは大丈夫で、1月の間に4社以上で断られると基準に引っかかると考えたほうがいいようです。




カードローンの保証会社の審査について

カードローン契約を行うに当たり、カードローンという商品を取り扱う会社は契約を希望する個人に対して審査を行うという流れになるのが一般的です。


この審査が従来型の融資に比べて格段に楽になっているため、カードローンは高い人気を誇っているという側面を持っています。

保証会社 審査
その様に簡単に契約が出来ると感じさせる理由の一つに保証会社という存在があります。


従来の借金、借入というものについては借入希望者が自分で保証人を探して依頼しなければならないという仕組みがありました。

連帯保証人 審査
しかし連帯保証人などは法的にも借り手と同じだけの責任が生じますので受け手が少なく、高いハードルになる原因でした。


この環境を一変されたのが保証会社の存在です。保証会社は保証人と同じ役割を個人に対して行う代わりに、借りた金額の利息の一部を収入として受け取るという仕組みになっています。そのためカードローンの金利は一般に高めになっています。


それでも契約の簡便さから敬焼希望者は増えています。




▲ページトップに戻る