個人事業主向きのビジネスローンの種類まとめ

個人事業主向き ビジネスローン


ローンの中にはビジネスローンという商品があります。

このビジネスローンは主に個人事業主や中小企業の経営者が、事業拡大のためや、設備投資、従業員への給料など事業に関連する資金調達のための目的で利用することができます。

個人事業主向き ビジネスローン
ビジネスローンの種類には日本政策金融公庫をはじめ、銀行が融資する銀行独自のローン、または消費者金融系のローンなどがあります。

日本政策金融公庫や銀行が扱うビジネスローンは、金利が低く設定されていることが多いですが審査のために必要な書類が多く、申込みから審査を経て実際に融資されるまでに時間がかかってしまう傾向があります。

また会社を設立してから間もない場合には、連帯保証人を要求されたり、担保を要求されることもあります。

一方で消費者金融系のビジネスローンは金利が5パーセントから15パーセントと高めの場合が多いですが、審査の際に必要な書類は少なく、申込み後時間がかからずに融資を受けることができます。





なぜビジネスローンは開業・創業時にオススメされるのか?

ある程度のまとまった資金があって、企業の開業・創業を行なうことが出来れば良いですが、実際に企業にとって開業・創業時は一番資金がかかるケースも多いです。そういったケースにおいて資金繰りを可能とするビジネスローンの存在は、広くおススメされる傾向があります。

ビジネスローン 開業
ビジネスローンは対象が事業者向けとなっており、事業者であれば借りることが出来るとするローンです。巷の個人融資に限れば、事業性資金の貸付を行なうことが出来ないとする場合も多く、しかもその貸付額自体も少額とされています。

しかしながら、ビジネスローンではその貸付額が事業規模に見合った形ともなるため、十分な資金を借りることが出来ます。その他に銀行や信用金庫などの一般の金融機関では、お金の貸付を行なう上では、その取引実績や事業実績等が鍵を握り審査の対象となりますが、ビジネスローンならばそれと比較しても審査が薄く借り易いからです。

特に創業・開業時はお金の借り易さに注目するべきで、一番資金繰りに苦労する時期でもありますので、そういったシーンではビジネスローンは重宝されるべき存在としておススメされます。




ビジネスローンで気になる利率!融資前に知っておきたいポイント

ビジネスローンは、事業を営む上で必要な事業資金を融資することを目的としたローン商品です。

通常の個人の借り入れでは、そのお金は事業用途に使えないため、事業用途で作る場合にはビジネスローンを利用する必要があります。

ビジネスローン 利率
ビジネスローンと個人のローンの違いとしては審査基準が、個人の信用のほか事業に関しても審査されるという点です。

このため事業が上手く行っていれば、比較的借り易いメリットがあります。

利率は借りる業者によって変わりますが、いわゆる商工ローンと呼ばれるノンバンク系は審査に通りやすいものの利率が高めになる傾向にあり、初回の借り入れの多くは法定金利上限近くに設定される可能性があります。

一方で銀行などの金融機関が提供しているビジネスローンの場合にはより厳しく審査される傾向にありますが、そのぶん利率もノンバンク系に比べると低く設定されるメリットがあります。

しかし、どちらにしても金利が高いため、短期のつなぎ資金として使うのがビジネスローンの正しい使い方といえます。


即日審査



▲ページトップに戻る